WiMAXサービスの方が利便性は高いのに・・・

WiMAXサービスはモバイルインターネットサービスですから、速度制限があります
「どうせ速度制限があるんでしょ?」と敬遠されるWiMAXサービスですが、固定回線のようにインターネットを利用出来る方法があります。



WiMAXサービスには速度制限がある?



固定回線のように契約した建物内でしか利用出来ないと言うような事もなく、非常に利便性の高いWiMAXサービス
そんな利便性の高いサービスが世の中にはあるにも関わらず、今だに固定回線ユーザーはいます



彼らが固定回線からWiMAXサービスへと乗り換えない理由こそが、まさに速度制限です。
WiMAXサービスには速度制限があるので、使いたい放題インターネットを利用する事が出来ると言う訳ではないのです。



使い過ぎると速度制限に



ただし、WiMAXサービスの速度制限の適用条件をしっかりと把握していれば、実は、WiMAXサービスを固定回線として利用する事は十分に可能なのです。
単に、彼らはそれを知らないだけなのです。



利便性の高いWiMAXサービスを固定回線として利用したい。
そうお考えの方は、まず、WiMAXサービスの速度制限の適用条件を把握しましょう。



↓WiMAXサービスの詳細方法↓
UQ WiMAX

WiMAXサービスに適用される速度制限とは?

そんなWiMAXサービスですが、適用される速度制限には、実は2種類のものがあります。
WiMAXサービスに適用される速度制限は、以下の通りです。



月間のデータ利用量による速度制限
1ヵ月に7GB以上の通信を行うと、月末まで適用される速度制限
混雑回避のための速度制限
連続3日間で3GB以上の通信を行うと、翌日の昼から24時間適用される速度制限


月間のデータ利用量による速度制限ですが、こちらはギガ放題プランと言う料金プランに申し込む事で、ハイスピードモードを利用分の通信量が免除になります。
一方、混雑回避のための速度制限に対しては、免除措置はありません。



料金プランによる免除措置がないので、注意すべきは混雑回避のための速度制限と言う事になります。

WiMAXサービスを固定回線のように利用する方法

ご紹介しているように、混雑回避のための速度制限は比較的適用されやすい速度制限になります。
とは言え、実は、混雑回避のための速度制限が適用されたとしても、動画を視聴出来るレベルでの通信速度は維持されます。
つまり、混雑回避のための速度制限が適用されたとしても、普通にインターネットを楽しむ事が出来る訳です。



混雑回避のための速度制限が適用されても、普通にインターネットを利用出来る



そして、速度制限の厳しい月間のデータ利用量による速度制限に関しては、ハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎなければ適用されません
この部分に注意をして、WiMAXサービスを固定回線のように利用しましょう



↓UQ WiMAXの申し込み手続きはこちら↓
UQ WiMAX